« 長生きするための仕事の選び方 | メイン | IPOコンサルティングの仕事人 「チーム山田」 »

シンプルな活動の重要性~かものはしプロジェクト


左:山口毅 右:村田早耶香さん


 先日、メンター会員の方から紹介を受けて、NPO法人かものはしプロジェクトの代表、村田早耶香さんと面談する機会を得ました。カンボジアの児童買春の防止活動を行っている団体です。実効性のある、すばらしい活動をしているなと感じたのでご紹介します。

 ご存知のように、カンボジアではポル・ポト政権下にあった1975~79年の間に、人口の4分の1が犠牲になったともいわれる虐殺(主に教育層)が行われました。その結果、社会の中核を担う層がすっぽりと抜け落ちてしまったことによる構造的な問題を抱えています。他の東南アジア諸国が近年目覚しい発展を遂げるなかで、カンボジアが停滞している原因はこの部分にあるのでしょう。主に農村地区の農民(多くは土地を借りて農耕をしているそうです)の経済基盤が脆弱で、人身売買や都市への出稼ぎ(子供もです)による買春問題が存在します。

 村田さんたちの活動はいたってシンプルで、農村に働ける環境を構築し、人身売買や出稼ぎをしなくてもすむ経済基盤を作っていく、というところにあります。現地の特産である井草を活かしてみやげ物を作り、観光客向けの販売店に卸す活動です。この工賃が1人あたり月3000円。5~6人の一家族の生活費を賄えるとのこと。現在、4つの村から各20名の方が働きに来ており、計80世帯の家族の生活を支えています。

 継続して着実に効果が出せるシンプルな活動の重要性を、改めて教えてもらいました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別アーカイブ