« 過ぎたるは及ばざるがごとし | メイン | ワンストップの成否を決するもの »

続けていること、続けていないこと

 茨城では栗拾いが始まったとのニュースが流れていました。
 暑い夏も終わりやっと実りの秋ですね。

 事務所の成長と併せて、仕事が増加することで、事務所の草創期にはやっていたが今はやっていないことはないでしょうか。また、以前はこんなことがあったが最近はないなということはどうでしょうか。
 先日、ある事務所で打ち合わせをしていたら「昔はよくお客さまから感謝のお手紙や産物などが送られてきていたが、そういえば最近は少なくなったね」との話が出ました。
 みんなで想定できる理由を探っていくと、業務効率を追い求めすぎて、お客さまの話にゆっくり耳を傾ける時間が少なくなっているという事実がわかりました。

  事務所の規模が大きくなることは悪いことではありませんが、事務所が小さかった頃より、何かが欠けるようになっていたとしたらそれは事務所にとってもお客さまにとっても良いことではありません。

 続けていること、続けていないこと、過去を振り返って考えてみても良いかもしれませんね。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

月別アーカイブ